スピルリナは、スーパーフード No.1?

スピルリナは約50種類以上もの栄養と成分を身体に供給できることだけでなく、フィコシアニンを含むことも注目されています。
すでにスピルリナ自体は数多くの有用性が検証され、その論文が多数公開されています。その上、フィコシアニンを主体とした研究も重ねて行われており、ここにスピルリナの本質がうかがえるといえるのではないでしょうか。
フィコシアニンはスピルリナ(乾燥原末)に4~7%含まれているほかは紅藻類のアサクサノリにわずかに含まれている程度ですから他の食品から摂取することはできません。フィコシアニンを含むスピルリナは、血色素の増産や血中脂質の改善等による血液に及ぼす影響、あるいは有害な物質の排除、肝保護、アレルギー抑制作用など、これほど多くのデトックス(de・toxication)効果が確認されています。
”良い成分”を取り込むとと共に”悪い物質”を除去することを同時に行えば健康に与える効果は相加すると言うより相乗的と言っても良いかもしれません。
その意味でスピルリナは十分な食経験(安全性)とともに完成された健康補助食品の一つといわれています。つまり、スーパーフードNo.1と云われるゆえんでもあります。